総合情報

一時的に、現在プラグイン化した命令の一覧を記載しています。
プラグインについては、下記URL よりダウンロードしてください。
hspmill.zip サイズ 10,155 Byte


追加予定メモ -
No.48343 2点間距離 HPI_Distance 09/04
自己追加 : 指定方法文字表示 HPI_POSX 09/03 : 説明準備中(実装はすでにされている)


すべてのドライブ文字を列挙し、文字列型変数に代入します。 掲示板No.47322 更新日 2012/09/03
HPI_GetAllDrive p1

p1 : 列挙された文字を代入する、文字列型変数
解説
現在動作中のシステム(OS)が認識している、ボリューム文字(ドライブ文字) を列挙し、p1 で指定された文字列型変数に代入します。


メインディスプレイの電源を切断(パワーオフ)します。 自己追加 更新日 2012/09/03
HPI_DisplayOffline
解説
メインディスプレイの電源を切断(パワーオフ)します。
この命令は、PCにパワーセーブ機能がなければ、動作いたしません。
また、環境依存により、命令が正常に実行できない場合もございます。


ウィンドウID が存在するか(初期化されているか)調べます。 掲示板No.48673 更新日 2012/09/03
HPI_ScrExist p1

p1 : 調べたいウィンドウID (screen / buffer / bgscr の各ID)
解説
ウィンドウID が存在するか(初期化されているか)調べます。
調べた結果が、stat に代入されます。
stat が -1 の場合、そのIDは初期化されていません。
stat が 0 の場合は、すでに初期化されています。


同じ画像パターンがあるか検索して位置情報を返す命令 掲示板No.47506 更新日 2012/09/03
HPI_WindowPicChecker p1,p2,p3,p4

p1 : 検索したいウィンドウID
p2 : 検索したい画像パターンのあるウィンドウID
p3 : 結果が代入される数値型配列変数 (位置情報 High/Low 形式)
p4 : 結果が代入される配列変数の最大配列数(戻り値に検索された結果数が代入される)
解説
p1 で指定されたウィンドウから p2 で指定されたウィンドウの画像パターンを検索します。※1
p3 で指定された数値型配列変数に結果が代入されます。
p4 命令実行前に配列に格納できる個数を指定する。命令中に見つかった位置情報の個数は戻り値としてこの変数に代入されます。

※1 :注意
p1 より p2 のウィンドウの領域が大きい場合は、この命令は失敗します。
p1 と p2 のウィンドウID が同じ場合、この命令は失敗します。


  • 最終更新:2012-09-04 09:02:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード